NEWS

ニュース

美容室経営の株式会社スタイルデザイナーが中心業態「チョキペタ」にClipLineを導入

プレスリリース

美容業界のリーディングカンパニー、アルテサロンホールディングスの子会社である株式会社スタイルデザイナーの中心業態「チョキペタ」にClipLineを導入した件についてプレスリリースを配信いたしました。

■プレスリリースの内容
美容室経営の株式会社スタイルデザイナーが中心業態「チョキペタ」にClipLineを導入
~新人の生産性向上へ向けた新たな取り組みを開始~

ClipLine株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:高橋 勇人、以下「当社」)は、株式会社スタイルデザイナー(所在地:神奈川県横浜市、代表取締役社長:置塩 圭太、以下「スタイルデザイナー」)が経営するヘアメンテナンスサロン「チョキペタ」において、当社が提供するクラウド動画OJTシステム(※1)「ClipLine(クリップライン)」を導入したことをお知らせ致します。
(※1)OJTとは、On-the-Job Trainingの略称のことです。職場で実務をさせることで行う従業員に対する企業内トレーニング・教育手法の一種です。従来対面で行なっていたOJTを、iPadやiPhoneを活用して非対面で行うことができる当社の開発した新しいOJTシステムのことです。

■導入の背景
少子高齢化の影響による労働者不足の難局に直面して久しいサービス産業では、実に5割を超えるサービス事業者が人手不足を訴えるほど深刻な状態です(※2)。美容室業界も例外ではなく、多店舗展開している美容室の運営元企業の多くは集客よりも採用が優先と言われるほど人材確保に奔走しています。
その中で、株式会社スタイルデザイナーが運営するヘアメンテナンスサロン「チョキペタ」は、一度は離職してブランクがある「休眠美容師」を再教育して登用するという斬新な試みを実施しています。今後出店戦略の加速を見込む上で、人材教育や多店舗マネジメントを支えるインフラのひとつとしてClipLineの導入を決定しました。
(※2)出典:内閣府「人手不足感の高まりについて」

■利用目的と用途
スタイルデザイナーはヘアメンテナンスサロン「チョキペタ」を36店舗展開しています。2022年に100店舗展開を視野に入れ新規出店を進める上で、重点課題となったのが、教育や運営をどう維持していくかということです。ClipLineでの課題解決を見込み、マネジメントやサービス品質の管理を少ない人員で実現するため、まずは先行5店舗でスタッフそれぞれの立場に合わせたカリキュラムを実行します。

 -新人スタッフ
オリエンテーションや基礎教育のマニュアルをClipLineへ移管します。トレーナーの負荷軽減および新人の業務習得時間短縮、トレーニング内容の均質化が期待できます。

 ▲施術は動画撮影し、段階的に分けて閲覧することで理解度を深める

 -既存スタッフ
普段は学ぶ機会の少ないトラブル対応や管理業務を習得します。受付の整理券発券機など、機械の取り扱いも動画を見ることでより早く正確に習得できます。

 ▲技術者としてのスキル習得だけでなくバックヤード業務も一元管理できる

その他、チョキペタ特有の項目やオートシャンプー等、一般の美容室では経験しにくい技術を優先的にクリップ、カリキュラム化することで、ブランクのある美容師でも最短で実務に対応できる体制を構築します。

■代表取締役社長 置塩 圭太 様のコメント

チョキペタの出店を今後も加速していくなかで、特にパートタイマースタッフの教育の部分に課題を感じていました。ClipLineの導入によって教育の効率化を図ることで、今後の店舗展開へ大きな影響をもたらしてくれると考えています。また、単に動画マニュアルとしての活用だけでなく、本部と店舗や店舗同士のコミュニケーションツールとして活用することも想定しています。最新のマニュアルはもちろん、技術や作業ノウハウなどを全店でタイムラグなく共有し、お客様が安心してご利用頂ける安定したサービス提供のために活用していきたいと思います。

■「ClipLine」サービスについて
「ClipLine」は本社と店舗を双方向の動画(クリップ)でつなぐクラウドOJTです。
サービス産業の、特に多店舗展開ビジネスを営む企業の多くが悩む「指示が正確にに伝わらず実行されない」、「店舗間のサービス品質にバラつきが生まれる」という2つの課題を、クラウドと動画を活用することにより現場にいなくてもまるで目の前にいるかのように双方向のやりとりで教育することで、サービス産業の労働生産性向上や働き方改革を促します。

映像音声クリップを利用することで、今まで無形と言われていたオペレーションを見える化し、対面指導が当たり前だったOJT教育を非対面にすること、また複数店舗を管轄しているマネジメントの臨店を不要にすることが可能になり、サービスの特徴とされていた無形性、消滅性、同時性、変動性という制約を取り払うことに成功しました。「ClipLine」を活用することで、国内店舗のマネジメントだけでなく、従来難しいと言われていたサービスの国外輸出の難易度を圧倒的に下げることができます。

※2017年5月に『映像音声クリップを利用した自律的学習システム』(特許第6140375号)で特許を取得

■「ClipLine」の詳細はこちらをご覧下さい
1分で分かる「ClipLine」:https://clipline.jp/service/2018/04/26/2617/
サービス紹介サイトURL: https://clipline.com/service/
サービス紹介動画:    https://vimeo.com/107560372

■株式会社スタイルデザイナーについて
代表者 :代表取締役社長 置塩 圭太
設立 :1986年4月23日
所在地 :〒231-0028 神奈川県横浜市中区翁町1-4-1 アルテマリンウェーブビル5F
資本金:9,800万円
企業URL:https://www.styledesigner.net/

■ClipLine株式会社について
代表者:代表取締役 高橋勇人
設立:2013年7月11日
所在地:〒108-0073 東京都港区三田3-12-17 プレクスビルディング3F
資本金:9億5,300万円(2018年3月末時点。資本準備金含む)
主要株主:経営陣、インキュベイトファンド、株式会社産業革新機構、株式会社アニヴェルセルHOLDINGS、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、三菱UFJキャピタル株式会社、みずほキャピタル株式会社、DBJキャピタル株式会社 他
企業URL:https://corp.clipline.com/
事業内容:「ClipLine(クリップライン)」の開発・運営、及び経営コンサルティング

■本サービスに関する報道関係者お問い合わせ
Email:pr@clipline.jp
TEL:03-6809-3305
広報担当:井上

プレスリリースはこちら
株式会社スタイルデザイナーのWebサイトはこちら

ニュース一覧に戻る