NEWS

ニュース

「東急アクセラレートプログラム2018」Demo DayにてClipLineが審査員特別賞を受賞しました

プレスリリース

2018年3月20日に開催に開催された、スタートアップのビジネス展開を支援する「東急アクセラレートプログラム2018」のDemo Dayにおいて、ClipLineが審査員特別賞を受賞したことをお知らせします。

■東急アクセラレートプログラムとは
東急グループのリソースとスタートアップ企業のアイデアや技術を組み合わせ、新たな付加価値の提供や生産性向上を実現させ、日本経済の再興を図るねらいで2015年からスタートしました。2018年度で第4期目となり、2018年度の応募数153件の中から東急グループとの事業共創を予定している企業の中から7社が登壇し、その中でもClipLineは唯一、建設部門(東急建設)との共創企業として選出されました。

■テストマーケティングのテーマ
高齢化が進む建設現場において、人材不足の解消や技術伝承の実現は大きな課題となっています。実証実験では、2019年春の新入社員研修において、実際の現場映像を活用した教育を試行します。また、現場・本部のコミュニケーション効率化・円滑化のため、伝達手段を双方向動画に置き換えたオペレーションモデルを構築します。
将来的には、東急建設での本格導入や東急グループ全体における活用の検討のみならず、建設業界全体に展開可能なビジネスモデルの構築も視野に入れて取り組んでいきます。

プレスリリースはこちら

ニュース一覧に戻る