NEWS ニュース

2021.04.27

プレスリリース

外国人材定着・教育支援サービス「つながるダイバーシティ動画研修」を内定ブリッジ社と共同開発

ClipLine株式会社は、外国人雇用アドバイジングを専門とする内定ブリッジ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:淺海 一郎)と共同で外国人材の定着・教育支援サービス「つながるダイバーシティ動画研修」の提供を開始することをお知らせいたします。

当社は高度外国人材の受入・定着を促進する取り組みの一つとして、経済産業省より「職場における外国人材との効果的なコミュニケーション実現に向けた学びのあり方に係る調査(以下「経産省委託事業」)(※1)」を受託し、職場における外国籍社員と日本人社員の円滑なコミュニケーションを学習するための動画教材を作成し、実証実験を通してその有効性を検証してまいりました。

また、外国人雇用アドバイジングを専門とする内定ブリッジ株式会社では、経済産業省のほか、厚生労働省や文化庁など外国人雇用政策の策定に多面的に関与する一方、外国人材の雇用企業を対象にしたコンサルテーションを主業務としており、全国で外国人雇用を推進する年1,000社以上の企業に、外国人材の定着・戦力化についての各種研修を提供しています。

このたび、両社のノウハウを集結し、日本人側、外国人側それぞれが仕事中のコミュニケーションを円滑にする具体的な方法を学習するための動画学習サービス「つながるダイバーシティ動画研修」を提供いたします。概論に終始するのではなく、学習したその日から日本人、外国人それぞれが職場で実践できる内容となっています。本製品の提供を通して、雇用企業に外国人材とのコミュニケーションに関する理解を深耕し、実践を促進することで、より外国人材が活躍できる環境構築に向けて支援してまいります。

(※1)職場における外国籍社員と日本人社員の円滑なコミュニケーションの課題感についてアンケート調査を行い、外国籍社員・日本人社員双方の学びを促進し、外国人材受入れにかかわる環境整備の促進を図ることを目的に、動画教材、及び動画教材を使った学習方法のガイドライン等を作成する取り組み。外国籍社員と働く日本人の上司・同僚、外国籍社員当人など15社を対象に2020年12月~2021年2月にかけて実施しました。

詳しくはプレスリリースをご覧ください。

前の記事へ 次の記事へ NEWS一覧へ戻る