NEWS ニュース

2021.10.13

プレスリリース

ClipLine株式会社、シリーズEラウンドで 総額6億円の資金調達を実施

動画で組織実行力を高めるマネジメント支援サービス「ClipLine」を提供するClipLine株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:高橋 勇人、以下「当社」)は、既存投資家であるインキュベイトファンド株式会社およびシンガポールのベンチャーキャピタルAxiom Asia Private Capitalを引受先とする、総額6億円の第三者割当増資による資金調達を実施したことをお知らせ致します。今回の資金調達により、累計調達額は21億円(資本性ローンを含む)となりました。引き続き、シリーズEエクステンションラウンドの実施を予定しています。

 ■資金調達の背景
当社では、2014年10月より、動画で組織実行力を高めるマネジメント支援サービス「ClipLine」の提供を開始し、国内GDP比で約7割を占めるサービス産業の労働生産性向上に向けて支援させていただいております。吉野家などの外食企業での導入から始まり、介護事業のSOMPOケアホールディングス、小売業では中古車のガリバーなど、多様な業種・企業での導入を経て、現在は運輸・工場など店舗を持たない多拠点ビジネスでも活用されるようになりました。2021年9月末時点で約15,000店舗、40万人に利用されています。コロナ禍において、サービス業は大きな打撃を受けましたが、業務のデジタル化は急速に普及し始めており、新たな付加価値創出や効率化、生産性向上の指標を掲げながら復調の兆しを見せています。当社は、より強力なバックアップに向けてプロダクトを進化させ、更なる事業成長を行ってまいります。

■主な資金の使途
「SECIモデル(※1)」に「サービス・プロフィット・チェーン(※2)」を合わせた次世代ClipLineの開発
ClipLineは動画を活用した従業員教育、コミュニケーション、ナレッジシェア等の手段を提供することにより、顧客企業の売上向上、離職率削減、業務効率化等の財務成果を創出してきました。しかし、今後はその機能を拡張させ、より経営に寄り添うサービスへ進化してまいります。特に現場マネジメントの柱となる「店長・ミドルマネジャー支援」機能の強化に注力いたします。

1.       店舗運営に必要な情報をスコア化するダッシュボード機能の実装
2.       店長・ミドルマネジャーの利用シーンに即したマルチデバイスの開発

その他の使途として、人材獲得による組織体制の強化に引き続き注力してまいります。

(※1)一橋大学 名誉教授 野中郁次郎 氏が提唱するナレッジ・マネジメントのフレームワーク。「暗黙知(=個人の経験や勘に基づく知識、言語化が難しいノウハウ)」と「形式知(=言語化や理論化された知識、組織で共有されやすいノウハウ)」のスパイラルを創り出す、知識移転のプロセスを表したものです。
(※2) ハーバード大学教授ヘスケット氏とサッサー氏らが発表し、日本では「バリュー・プロフィット・チェーン」という書籍で詳しく紹介されているフレームワークで、企業の長期利益は従業員満足(ES)、顧客満足(CS)が基となり、ロイヤルカスタマーを生み出すことで持続的成長につながるという考え方です。

■引受先のコメント
インキュベイトファンド株式会社 代表パートナー 赤浦 徹 氏
2013年の創業以来、ClipLineは顧客の信頼を獲得しながら事業を確実に進捗させ、飲食業を中心に様々な業界でいくつもの大企業に全店導入が進んでいます。多店舗展開する企業の生産性を向上させ、経営そのものを支援する動画型マネジメントシステムとして、日本だけではなくグローバルな市場を見据えてクオリティの高い日本のサービス業の知見を世界に輸出し、より大きなインパクトを与えるサービスになっていくと確信しております。他株主様とも力を合わせ、より一層全力で支援して参ります。

Chris Loh – Managing Partner at Axiom Asia Private Capital Pte LtdClipLine is a great management tool that is able to help businesses with many branches to digitize, improve the efficiency in management and better communicate with employees. Japan also has one of the highest service quality and staff training standards in the world, and many companies globally can learn from Japan’s example and improve tremendously. We believe that ClipLine is well positioned to help businesses both domestically and internationally, and we are very excited to work together with the highly capable management team in this journey.

<日本語訳>
ClipLineは、多くの店舗や拠点のマネジメントをデジタル化し、生産性を向上させ、従業員とのコミュニケーションを促進することができる優れたサービスです。日本のサービス業は、世界最高レベルのサービス品質とスタッフトレーニング水準を誇っており、世界中の多くの企業が日本のサービス業から学び、飛躍的に改善することができます。私たちは、ClipLineが国内外の企業にとって素晴らしいサービスを提供できると信じており、今回のラウンドでClipLineの優秀な経営チームと協業できることを大変嬉しく思っています。

■「ClipLine」について
ClipLineは動画とクラウドで多店舗展開ビジネスの生産性を改善するサービスです。OJTを1対1ではなく、1対多人数へ拡張し、24時間いつでもどこでも新人がひとりでトレーニングできる環境を構築し、指導者の拘束時間を削減します。また、マネジメントをリモート化し、ミドルマネージャーの負荷削減を通じた販売管理費の抑制や、暗黙知の形式知化による店舗間での理念体現・ノウハウ共有などの実績があります。一橋大学の野中郁次郎名誉教授が提唱した「SECIモデル」を基本概念として開発され、この仕組みは「映像音声クリップを利用した自律的学習システム」として特許を取得しています(特許第6140375号)。
サービス紹介動画: https://www.youtube.com/watch?v=yVNFTRuDzI4&t=2s  

■ClipLine株式会社について
代表者  :代表取締役社長 高橋 勇人
設立    :2013年7月11日
所在地   :〒141-0031 東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル7F 20号室
資本金   : 9億220万2,040円(資本準備金含む 2021年8月31日現在)
企業URL :https://corp.clipline.com/
事業内容 :「ClipLine(クリップライン)」の開発・運営、及び経営コンサルティング

■本件に関するお問い合わせ
ClipLine株式会社 担当:井上
TEL:03-6809-3305  Email: pr@clipline.jp

前の記事へ 次の記事へ NEWS一覧へ戻る