NEWS ニュース

2022.12.05

プレスリリース

フルリモートからハイブリッドワークへ移行しオフィスを増床移転します

このたび当社は、コロナ禍以降取り組んできたフルリモートワークから、定期的な出社を前提とするハイブリッドワークへ移行し、面積を拡張した新オフィスに移転することをお知らせします。

移転の背景
当社は2020年4月のコロナ禍襲来を機に、全社でリモートワーク主体の勤務へ切り替えを行いました。他社に先駆けてオフィス解約・縮小移転を行ったため、テレビや新聞など多くのメディアで取り上げられました。移転により、面積は184坪から半分以下の78坪へ、家賃は5分の1に削減され、年間で約5,000万円のコストダウンを実現しました。遠方在住者の採用が可能となり、リモートワークにより1日2時間程度の余裕ができたという声が聞かれるなど、資金配分の最適化や社員のワークライフバランス向上、業務の効率化をはかってまいりました。
一方で、オフィスでの偶発的なコミュニケーションの機会が失われ、新人のオンボーディングが遅れたり、部門をまたいだ情報共有や議論の機会が減るなど、新たな課題も露呈していました。そこで、組織全体のコラボレーション加速と個人の生産性維持の両立を企図し、増床した新オフィスへの移転を決定しました。

新オフィス概要
移転日:2022年12月20日(火)
新住所:〒101-0035東京都千代田区神田紺屋町15 グランファースト神田紺屋町5F
面積:154坪 (共用部、他フロアを含む)
アクセス:JR神田駅から徒歩4分
東京メトロ銀座線 神田駅・三越前駅、都営新宿線 岩本町駅、
JR総武快速線 新日本橋駅から徒歩5分

詳細・プレスリリースはこちら

前の記事へ 次の記事へ NEWS一覧へ戻る