NEWS ニュース

2022.12.15

導入事例

顧客満足度調査・アンケートツール 「ClipLineサーベイ」をリリースしました

当社は「ClipLine」を通じた従業員教育、コミュニケーション、ナレッジシェア等の手段を提供することにより、多店舗展開企業の売上向上、離職率削減、業務効率化等の財務成果を創出してきました。その中で、さらに経営に寄り添うサービスへ進化するために「SECIモデル(※1)」と「サービス・プロフィット・チェーン(※2)」の概念を合わせ持つ次世代ClipLineの開発を進めています。
「ClipLineサーベイ」はそのプロダクト群のひとつとして開発され、改良を重ねながら顧客企業の試験的な導入プロセスを経てリリースに至りました。

(※1)一橋大学 名誉教授 野中郁次郎 氏が提唱するナレッジ・マネジメントのフレームワーク。「暗黙知(=個人の経験や勘に基づく知識、言語化が難しいノウハウ)」と「形式知(=言語化や理論化された知識、組織で共有されやすいノウハウ)」のスパイラルを創り出す、知識移転のプロセスを表したものです。

(※2) ハーバード大学教授ヘスケット氏とサッサー氏らが発表し、日本では「バリュー・プロフィット・チェーン」という書籍で詳しく紹介されているフレームワークで、企業の長期利益は従業員満足(ES)、顧客満足(CS)が基となり、ロイヤルカスタマーを生み出すことで持続的成長につながるという考え方です。

■サービスの特長
「ClipLineサーベイ」はサービス業の現場における「顧客の声を素早く展開・反映する仕組み」を簡単に低価格で実現できるアンケートツールです。PCやスマートフォンでアンケートを作成、アクセス用のQRコードも同時に発行できます。
サービスサイト
3分でわかるサービス紹介動画

■導入事例
「即時改善の仕組みと集計工数の削減を実現」
株式会社銚子丸
常務取締役 営業本部⻑ 堀地 元 氏
おもてなし部 副部長 三浦 正嗣 氏

以前は手書きのアンケートを集めており、本部に届くまで1ヶ月程度かかっていましたので、スピードが遅く、根本的な解決に繋がらないのが課題でした。ClipLineサーベイ導入後は、お客様がスマホで回答を送信した瞬間に店舗のPC、その上のマネージャーなどにお客様のご意見が届くようになったので、レスポンスが非常に早くなりました。
ある店舗で「カニ汁がしょっぱい」と回答があったとき、いち早くメールを見たマネージャーが店⻑に連絡を入れ、すぐに提供済みのカニ汁を交換したという事例がありました。このように改善点をその場で直せるようになったのは画期的なことですし、こうして改善までのタイムラグが減っていけば、お客様満足度の低下を防ぐのに非常に有効だと考えています
また、以前は手作業で行っていた集計・分析業務がなくなり、PCやスマホで確認できるようになりました。集計工数の削減だけでなく、マネージャーが各店舗の状況や強みを容易に分析できたということを聞いています。回答数も増えてきており、紙で実施していた時の1.6倍ほどになっています。
さらに詳しい事例はこちらからご覧いただけます。

プレスリリースはこちら

前の記事へ 次の記事へ NEWS一覧へ戻る