プロダクト開発部 松本 優祐

フロントエンド開発の仕事

ーまず簡単に自己紹介をお願いします。

プロダクト開発部の松本です。フロントエンドといわれる画面周りの設計、開発、コードレビューを担当しています。


ーClipLine全般のフロントエンドをご担当されているのですか。

ClipLineのコンテンツを管理できる「管理画面」を主に担当しています。管理画面ではクリップ(教材の動画)やToDo(カリキュラム)の作成や編集、店舗スタッフの学習レポートのレビューなども見ることができるのですが、それらのフロントエンド開発を担当しています。

これまでのキャリア

ー松本さんは前職でも同じようなことをされていたのですか。

フロントエンドの仕事や設計というところでは近いかもしれませんが、業界はまったく違っていますね。新卒でERPの会社に入社して、保守から設計まで一通りジョブローテーションして3年半くらい、プログラマーやSEとして勤務しました。


ーBtoB業務のプログラマーとしてキャリアをスタートしたということですね。

そうですね。その後は、2年目くらいのスタートアップで、広告効果の分析をしている会社に行きました。TVCMやWeb広告の出稿がどうコンバージョンに寄与しているかを示唆するようなプロダクトを開発していました。分析エンジニアやサーバーサイドエンジニアみたいな人が数値を返してくれて、それをプロダクトマネジャーとどうビジュアライズしましょうかと相談しながらプロダクトを作っていましたね。
市場を作っていくみたいな感じだったので大変でしたが、ワクワクさというのはすごくありました。会社というよりは、ラボとか学校っぽい感じで、試行錯誤しながら形にしていくプロセスがすごく楽しかったですね。その後、IoTの会社を経由してClipLineに入社しました。


ーキャリアとしては、フロントエンジニアとして一貫しているという感じになるのでしょうか。

1社目のERPの会社では、プログラマーが画面を作ってSEになってというSIerで、2社目ぐらいから完全にフロントエンジニアになったという感じですね。そこでいいメンバーに巡りあえて、育ててもらったというのがありますね。

転職(会社選び)で重視したこと

ー直近の転職活動をされているときに、いちばん重視されていたポイントはどんなところでしたか。

そうですね。割と自由にやらせてもらえるかというところと、一緒に働く人たちと合うかどうかは重視しました。ぶつかった時や自分が弱っている時も一緒にやっていけそうか見極めたかったので、5回ぐらい来社して関連部署の人たちとは一通りお話させてもらいました。
もう一社、もうちょっと条件がよく、小さい会社があって、そちらにも惹かれていたので、どっちにしようか悩んでClipLineにしました。


ー最終的にClipLineを選ばれた決め手はなんだったのでしょうか。

向こうはエンジニアの会社みたいな感じだったんですが、ClipLineはビジネスサイドが強いという意味でそういったところも考えながらできるのかなというところですかね。技術発想というよりは、もともとあった需要に対してプロダクトを作ることをやりたいと思っていました。

ClipLineに入社して現在感じていること

ー実際、入ってみて、感じたことにはどんなことがありましたか。

私が入った時は内製エンジニアが手薄で、事業が伸びているのに適切な人材が足りていなくて、能動的に動く人もあまりいなかったですかね。多分最初の1年はかなりやばかったと思います(笑)。プロダクトマネジャーとエンジニアリングマネジャーがジョインしてからは、徐々にベンチャーのSaaSのプロダクトの会社の雰囲気になってきたと思っています。


ーその中でもベストを尽くしながらなんとか乗り切ってきたという感じですか。

割と自由にやらせてもらっていたので、そこで発散はできていたかなと思います。直近一年は管理画面のプロダクト統廃合に完全コミットなので、私も腹をくくってかなり頑張ってるって感じですかね。

すごく苦労されたと思うのですけれども、今は落ち着いてきて、多少余裕をもって仕事をできているという実感はありますか。

まあそうですね。周りに任せられるメンバーがすごく増えたので。メンバーと一緒にチームで進める体制になってきていると思います。オフショアで開発チームがあるので、そちらも巻き込みながら進めています。


ーそれは松本さんにとっては、業務の進め方という意味で新しいチャレンジになっていたりはしますか。

いや。最初の会社でもオフショアはやっていたので、それが活きているというのはありますけれどね。


ー前の経験がむしろ活きているという感じですか。

今まで培った経験を引き出しの中からいろいろ引き出しながら、集大成にしてやっている感じです。


ーでは逆に、今引き出しを増やせていないというのはありますか。

そういう意味では、プロダクトは常にトレンドの技術を使いながら作っているので、10年前の知識は必要だけれど、それを使って今だったらどう作ったらよいかというのを考えないといけないので、新しいことがやれていないということはないですね。道具が変わったときにどうやって作るかというのはスキルアップというのかな。流行に合わせるにはどうしたらいいのかというキャッチアップは常に必要かなと思ってやっています。

開発者にとってClipLineの環境は?

ーエンジニアの人は日々勉強ってすごくあると思うんですけれども、そういう意味で今のClipLineの環境はどうですか。

とがった人はそんなにいなくて、みんな大人でコミュニケーションをしているイメージですが、やる気があれば勉強する環境は作れると思います。若い人もいますが、平均年齢は高めですし、落ち着いていると思います。一人でガツガツやる人よりは、ある程度合わせられる人の方が合っている気がします。

これからのこと

ー今後の計画は具体的に落ちているんですか。

これまでが、仕込みというか、プロダクトを堅牢なものにするために少しずつブラッシュアップさせてきた1年だったので、これからいよいよ新規と言えそうな開発計画が予定されています。私のアサインについてもだいたい決まっているので、楽しめそうだなという予感はしています。


ーほかに、個人的にこれからのキャリアなどを踏まえてやってみたいことや予定していることは何かありますか。

割と今までの延長線上でキャリアを築き上げてきたので、このままこの延長線上で考えていくのか、ぱっと出た職業にいくのかって感じですかね。10年前はSEという職業があって、そこから直近5、6年でフロントエンジニアという職業が生まれたので、そういった感じに、市場から新規に生まれた職業にいくのもありかなという感じですね。


ーこれからもトレンドにのって違う方向に進むのもありかなという感じなんですね。最後にClipLineの勤務形態について、今日もリモートワークをされていますけれども、こういう働き方に関してはいかがですか。

僕が入社した時は、出勤についてマイナールールがありましたが、今はかなりフレキシブルになったと思います。通勤しなくていいので、ストレスにならないですし、業務に集中できる環境になったので満足しています。